記事の詳細

自社の業務に適した販売管理ソフトを選ぶことによる3つのメリット

自社の業務に適した販売管理ソフトを選ぶことで、3つのメリットが得られます。

  1.  販売管理業務を効率化することにより、情報入力、確認作業などの業務負担が軽減されます。販売管理ソフトでデータの確認ができるようになるので、業務負担が軽減され、人件費の削減やコスト削減を実現することができます。販売管理業務を効率化することで、手作業での人為的ミスも軽減されます。
  2. 各部門にある販売に関する情報を一元化することで、各部門との情報が効率的に情報共有できようになります。例えば、支出の情報を情報共有することにより、請求と回収漏れを防ぐことができるようになり、経理部門の作業効率が上がるようになります。
  3. 販売管理ソフトを導入することで、常に「商品」の動きがわかるようになります。見積もり、受注、入出荷など扱っている商品のデータがリアルタイムに更新されるので、自社の状況がすぐにわかるようになります。また、トラブル時に過去のデータを参照することも可能になります。

システム開発会社によるサポート体制を選ぶ

販売管理ソフトを導入すると、システム開発会社によるサポートがあります。サポートの内容は電話、メール、遠隔での画面共有と言った様々なサポートがあり、サポートの料金や期間はシステム開発会社によって異なります。
例えば、システム開発会社にユーザー登録をすると、サポートが無料になる場合や、無料サポートの期間が決まっていて、サポート期間終了後は、有料サポートに切り替える場合があります。

有料サポートは、システム開発会社と保守契約を行います。保守契約は月契約と年間契約があり、料金は販売管理ソフトの内容やライセンス数によって異なります。月契約の場合、一ヶ月契約で千五百円から二万円ほどの料金になり、年間契約の場合、一年間契約で一万円から二十万円ほどの料金になります。

販売管理ソフトを選ぶ際の疑問を解決する方法

販売管理ソフトを選ぶ際の疑問は、システム開発会社による、導入前の相談窓口で解決できます。電話やメールでの相談を受け付けており、販売管理ソフト導入時の要望、予算の相談、自社の業務に適したソフトのコンサルティングを行っていることがほとんどですので活用するとよいでしょう。

高額な販売管理ソフトを導入する際に自社の業務に適したソフトを選択するには、システム開発会社のホームページにある導入事例を参考に、自社の業務と同じ企業が導入しているのか、自社の業務に適したソフトなのかを比較・検討するとよいでしょう。

無料の販売管理ソフトを選ぶメリットとデメリット

無料の販売管理ソフトのメリットは、自社の業務に適したソフトなのか、使い易いソフトなのか、色々なソフトを試すことができることです。
パソコンにインストールが不要なので、ダウンロード後すぐに利用することができます。
無料の販売管理ソフトは、Excelを使って作られているソフトがほとんどですので、パソコンにExcelがインストールされていれば、Excelを使って簡単な入力をするだけで販売管理が可能になります。
無料の販売管理ソフトのデメリットは、利用できる機能に制限があることです。帳票枚数に限度がある場合や、導入後のサポートがない場合があるので、自社でのトラブル解決が必要となります。

使い易い販売管理ソフトを選ぶためのポイントとは?

使い易い販売管理ソフトを選ぶためのポイントは、自社の業務に適したソフトなのかと言うことです。自社の業務に適したソフトを選択していれば、設定や簡単なカスタマイズで済ませることができます。
また、トラブル時のサポートの充実さや、情報に対するセキュリティ対策が整っていることは、企業にとって非常に重要です。
販売管理ソフトの導入時や、導入後の業務体制の変更時に、業務に適した対応ができ、システム開発会社に相談できることも、使い易い販売管理ソフトを選ぶためのポイントとなります。

(記:kazumi)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る