記事の詳細

クラウドと社内サーバーのコストの違い

利用するシステムの規模によって異なる部分もありますが、大枠では以下のような違いがあると言われています。

社内サーバーにかかるコスト

自社でサーバーを導入すると、ハードウェアを購入する必要があるため初期コストが発生します。長く使うことを考えると比較的ランニングコストを抑えることができます。

サーバーを管理するにあたり、専門的な知識を持ったスタッフの配置や、震災など災害時の復旧作業といった物理的な負担がかかります。

外部から利用する際にリモートアクセス用の機材や、セキュリティを考慮したネットワーク機材の導入が必要となる場合があります。

クラウドにかかるコスト

クラウドはインターネットを通してシステムやアプリケーションを配信しているサービスですので、設備などはクラウドサービス提供会社が負担しています。

クラウドでは実際に使った分だけ支払う『従量課金制』が一般的です。一般的には月額制となっています。

クラウドの場合は、クラウドサービス提供会社のサーバーで一括管理されており、アップデートや定期的なメンテナンスの作業などもクラウドサービス提供会社が請け負います。そのため物理的なサーバーの管理や手間から開放され、社内業務をスピーディーかつ効率よく行うことができ、管理コストや運用負担が大幅に軽減されます。

クラウドと社内サーバーのセキュリティの違い

社内サーバーのセキュリティ

社内サーバーのセキュリティについて考えるとき、外部からの攻撃もありますが、内部からの情報漏えいや職員の過失の問題の方が多いと言われています。パソコンの持ち出し禁止や、必要なデータは閲覧できないように暗号化することや、権限を適切に設定するなどの対策が必要です。

そこで必要になってくるのが、社内サーバー自体にも内部からのセキュリティ対策を講じるということです。対策の一つとしてアクセスコントロールというものがあります。これはハードウェアやハードウェア内の情報に対するアクセスを制御することを言い、一般的な方法として、IDとパスワードによる認証システムや、そもそも権限のないファイルにはアクセスさせないなどの仕組みがあります。

クラウドのセキュリティ

クラウドはインターネットなど外部からの攻撃に対する不安が多いと思いますが、これはクラウドに限ったことではありませんので、インターネットにおけるセキュリティ対策は必須と言えます。

クラウドにおけるセキュリティは、対策の範囲を分担することで、ネットワークセキュリティにありがちな『事業者(今回の例ではクラウド事業者)と利用者の責任の曖昧な境界』をなくすことができます。

災害に関しては、一つのデータセンターに災害があったとしても、別のデータセンターのバックアップで稼働されるように設計されていますので、災害に強いと言えます。

『クラウドを導入した方が良いか、自社サーバーのままが良いか』という話題がよく上げられますが、導入前の最終的な悩みは、コストとセキュリティである場合が大半であると思います。
コストとセキュリティの違いを理解して、自社に合った設備を選択しましょう。

(記:obata)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る