記事の詳細

現金の流れがわかるキャッシュフローとはなにか

キャッシュフロー計算書とは、一年間や四半期などの一定期間の内に、現金がどれだけ入りどれだけ出て行ったかを表すものです。
売掛金や買掛金、未払金など、ビジネスでは締日と支払日が異なるため、現在の現金や預金を把握しておくことは経営にとって有益です。
中小企業にはキャッシュフロー計算書の作成義務はありませんが、経営のハンドリングが行いやすくなりますので、ぜひ作成してみましょう。

キャッシュフロー計算書に似たものに、資金繰り表というものがあります。資金繰り表も現金の流れを表すものですが、この2つは性質が異なります。
キャッシュフロー計算書は過去の集計であり、資金繰り表は未来予測の集計になります。
以下の表がキャッシュフロー計算書の概要になります。
cash

キャッシュフロー計算書には大きく分けて3つの項目があります。「営業活動によるキャッシュフロー」「投資活動によるキャッシュフロー」「財務活動によるキャッシュフロー」です。小項目を見るとだいたいどのような内容か理解できると思います。
その中で、在庫に関わる金額は営業キャッシュフローの中の「棚卸資産の増減額」に含まれます。仕入れを行ってまだ販売していないのであれば、「棚卸し資産」は増えることになります。在庫の中から販売を行えば「棚卸し資産」は減ることになります。

営業キャッシュフローは”本業”でいくら稼いだかを表すもので、ここは常にプラスであることが望ましいです。他でイレギュラーなことがあっても、本業がプラスなら挽回のチャンスはあります。逆に本業がマイナスだと常に現金が出ていくことになります。

在庫に関して言えば、前の期と比較して、在庫の金額が増えた場合は、営業キャッシュフローは減って、悪化していることを示しています。

投資キャッシュフローに含まれる「在庫に関わるもの」は何があるでしょうか。
固定資産の取得・売却などがありますので、建物を取得した場合、すなわち倉庫費用の増減があります。投資を行えばキャッシュフローはマイナスになり、売却すればプラスになります。

財務キャッシュフローに含まれる「在庫に関わるもの」は、仕入れ金額の調達方法があげられます。短期や長期の借入金を行えば、財務キャッシュフローはプラスになります。逆に返済を行えば財務キャッシュフローはマイナスになります。

キャッシュフローの中の在庫管理

「黒字倒産」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。「黒字なのに倒産?」と思うかもしれませんが、この原因は資金繰りにあります。
商品は順調に販売されても、なかなか入金されないということになれば、社内から現金が減っている状態です。
また他にも、「他社の倒産に引っかかってしまった」「株価が暴落した」「借り入れの返済を求められた」など、営業成績とは別の要因で資金繰りのピンチはやってきます。最悪、子会社してプラス収益の事業だけ分離するなどの手法をとることもあります。

このような営業成績は良く、黒字なのに倒産という悲劇を避けるためには、常に現金の流れを把握しておかなければなりません。
不測の事態に備えるためには、内部留保といういわば会社内の貯金のようなものを貯めておかなければなりません。
そのためには、ムダな経費をかけないようにすることが大切になってきます。

しっかりとした在庫管理をしないと、すぐに様々な経費がかかり、大きな支払金額になってしまいます。
マイナス面ばかりではなく、市場の変化に応じて「次の一手を打とう」と思った時にも資金が足りなければチャンスを失うことになります。また、販売が順調な時には取扱量を増やすことで仕入れ値を下げることができるかもしれません。
もちろん取扱量を増やすことはもろ刃の剣ですので、市場の変化には常に目を見張っていなければなりませんが、ビジネスチャンスは掴みたいところです。

キャッシュの流れに目を見張り、キャッシュに余裕をつくり、不測の事態に備え、ビジネスチャンスをものにする、これこそがキャッシュフロー経営の本質です。
特に大きな出費になりやすい在庫管理は、システム化して管理していくことが経営者の助けになるでしょう。

(記:ミウラ)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る