記事の詳細

在庫を資金繰りで仕入れた場合、金融機関に支払った金利もコストになっている

在庫の仕入れでは、仕入れる量にもよりますが銀行から借り入れで行う場合も多いかと思います。この仕入れ時にかかった金利も在庫にかかるコストです。
金利は支払利息などに勘定科目として計上されると思いますので、なかなかコストとしては考えられにくいのです。他にも在庫にかかるコストはあります。在庫の維持にかかる電気や水道などの光熱費や、管理者の人件費や、在庫を置く場所の倉庫費などです。
もし過剰在庫であれば、本来負担する必要のないコストも負担していることになります。

risoku

在庫にかかるコストというのは、様々な勘定科目に分散しているので見えにくいです。しかしその分散している経費を集めて計算してみるとかなりの金額になっていることに驚きます。

時代が変わってしまえば売れない在庫が残ることになります

昔と違い今は時代の流れが早いです。消費者の好みは細分化され、なにが売れるかわからない時代になっています。

流行が変わってしまい、期待していた通りに商品が売れなかったら、その在庫は不良在庫になってしまいます。このような状態を「在庫の陳腐化」といいます。
その他にも、在庫の保管中に劣化や破損を行えば、その商品は販売することはできなくなります。このように常に在庫にはそれまでにかけた労力やコストがムダになるリスクを背負っているのです。

廃棄される在庫は見た目以上にコストがかかっている

陳腐化してしまった在庫は廃棄することになります。製造、流通、保管など様々な場面でかかってきたコストもすべてがムダになります。経営者としては一番避けたい場面です。廃棄にならずにすむタイミングはなかったか?何度も見直しを行いたいところです。
製造の過程で廃棄されていたものも、他の用途で使えるものがあるかもしれません。もしそのようなものが見つかればそれは宝の山となるでしょう。
目の前に見える商品だけではなく、そこにかかってきたコストを考えれば、最終アウトプットは廃棄ではなく販売や納品にしたいところです。しっかりと在庫管理を行い、ビジネスチャンスをものにしていきましょう。

(記:ミウラ)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る