ERPとは

ERPとは、Enterprise Resources Planning(エンタープライズ・リソース・プランニング)の略で、直訳すると「企業資源計画」になります。
企業のリソースであるヒト・モノ・カネを、どのように分配し、使っていくのか計画することを指します。

会社で稼働しているシステムの中でも、会計処理、生産管理、購買管理、人事管理、販売管理などのシステムは基幹系システムと呼ばれ、それぞれが独立して開発され、運用されてきた歴史があります。
それぞれが独立しているため、同じ取引内容のデータでも、部門別にそれぞれが保存しているという状況がありました。
そういった重複したデータをなくすことや、部門間の連携を図ることを行い、業務効率をあげようという流れとなった際に出てきたソリューションがERPになります。

ERP=統合基幹業務システムとして、大手企業を中心に導入が進みました。ERPシステムは非常に高価なため(導入費用数十億)、中小企業への導入は進みませんでした。
近年では、クラウド環境も整い、安価なシステムも出てきたため、中小企業への導入も進んでいます。

ERPの考え方は「全体最適化」で、各プロセスの再構築を手段として実現していきますが、導入する企業としては考えておかなければならないことがあります。
ビジネスプロセスに合わせて開発を行うのが従来の受託開発です。一方ERPは、システムに合わせてビジネスプロセスを合わせなくてはならない部分もあります。
自社のビジネスプロセスにとって、今何が必要なのかをよく考え、ERP製品を選んでいくことが成功への近道です。

ERPのメリットは、統合環境ができることで、経営判断が即座に行えるようになることが最大のメリットです。
しかし、全体最適ばかりに目がいくと、部分最適の概念が薄れ、現場では扱いづらいものになってしまうこともあります。

部分最適が行われ、連携がスムーズに行われ、結果として全体最適になるのが一番の理想です。
ただ、すべてを求めると当然コストはあがるので、それぞれのビジネス課題に合ったERP製品の導入を行うことで、ビジネスのスピードを上げていくことができます。

ページ上部へ戻る