エンドユーザーとは

エンドユーザーとは、末端の利用者という定義ですが、「誰から見ての末端ユーザーか?」という視点がありますので、相対的な言葉となります。

購入者とは異なり、購入者は購入しても使用するのは別の方の場合もあるので、その場合は使用する方がエンドユーザーです。

回転寿司の回転するレーンを開発している会社があるとして、レーンの開発会社から見ると、エンドユーザーは回転寿司店となりますが、利用する人という視点で言うとエンドユーザーは回転寿司に食べに来るお客様になります。

また、別の視点では、「最終的に何かあった場合に懐が痛む人」という解釈もあります。
この場合、機器が壊れても回転寿司を食べに来る方の懐は痛まないので、エンドユーザーは回転寿司店と見ることもできます。

非常にあいまいな言葉ですが、設計書などに記載する場合は、「エンドユーザーはシステムを利用する人、○○会社」などと記載することもあります。

ページ上部へ戻る